ホールを利用する際の新型コロナウイルス感染対策に関する許可条件の追加について(5/18現在)

大小ホールをご利用いただく際には、以下の条件をすべてお守りいただきます。
(この項目に関しては今後の情勢により随時変更されます)

利用前に以下の内容の新型コロナウイルス対策に関する誓約書を提出していただきます。
この内容に関しましては、国、福岡県の基準を基に、併せて(公社)全国公立文化施設協会のガイドラインも参考にして、福岡市と協議の上掲出しております。

国の対応はこちら

福岡県の基準はこちら

(公社)公立文化施設協会のガイドラインはこちら

  • 観客数(主催者側スタッフ、出演者を除く)は最大100名です。(2020/5/18現在)
  • 実施する演目に制限は設けませんが、「三密」対策等以下に準ずる対策を講じて頂きます。
  • 舞台・客席ともに空調を停止することはできません。また、大ホールでは客席後方上部天井裏に設置してある排気ファンは常時運転します。

★ホールの利用に当たっては、以下の全項目を例外なく行うこと。

公演事業等不特定多数を集める利用、関係者のみの利用、リハーサルや練習で舞台のみの利用等すべてに当てはまります。(但し練習等には該当しない部分があります)

  1. 全員マスク着用
    出演者、主催者、観客等来館者全員、マスクを着用すること。
    チラシ・ポスター等で開催告知される場合は「マスク着用での来館」を表示すること。
    お持ちでない方に対しては主催者で配布すること。
  2. 体調チェックの実施
    来館者全員の体調チェックを行うこと。
    非接触型体温計等を主催者で用意すること。
  3. 手指の消毒(消毒液への誘導)
    来館者全員、入場時の手指を消毒すること。また、消毒液への誘導表示を行うとともに必要に応じて誘導員を配置すること。
    (会館として設置しておりますが、主催者名でも必ず表示をしてください。)
  4. 入場者リストの管理
    入場者リストの管理(氏名,連絡先等)を行うこと。
  5. 集団感染(クラスター)が発生したと疑われる事例が発生した場合
    集団感染(クラスター)が発生したと疑われる事例が発生した場合は、入場者リストの提出等保健所・医療機関等へ出来る限りの協力を行うこと。
  6. 終了後の速やかな退場
    終了後は速やかに退場を促す掲示をすること。
  7. 「密」の注意喚起掲示
    ロビーでは「密」にならないように注意喚起を掲示すること。必要な場合は口頭で注意すること。
  8. 対面する場でのビニールカーテン等設置
    参加受付・物品販売等を行う場合はビニールカーテン等を設置すること。
  9. トレーでの金銭受け渡し
    物品販売、参加料徴収等を行う場合はトレーでの金銭受け渡しをすること。
  10. チケットもぎりについて
    チケットもぎりはマスク・手袋着用で行うこと。
  11. 出演者への対応について
    出演・登壇される方については以下の項目を徹底すること。
    出演前には消毒
    待機場所等での間隔の確保
    観客と接触する演出の禁止
  12. 換気対策について
    客席の扉は頻繁に開放すること。特に支障がない場合は利用中常時開放すること。
  13. 観客の入退場時の対応について
    入退出時や集合場所における十分な間隔の確保すること。
    入場時には行列のための立ち位置の目印を設置すること。誘導員を配置すること。
    退場時には必要に応じて規制退場を実施すること。誘導員を配置すること。
  14. 座席配置について
    四方を空けた座席配置(前後左右の座席を空ける)を徹底すること。
    (参考のため、大小ホールともに100名入場座席図を用意しています)
    座席配置が守られるように客席内に誘導員を配置すること。
  15. 観客席における声援や激しい動きの制限
    観客席における声援や激しい動きを制限すること。

★開催当日に、以上の全項目が守られていないと認められる場合、次回のご利用に当たっては、回避のための具体的な対策を提出していただきます。

利用前に以上の内容の新型コロナウイルス対策に関する誓約書を提出していただきます。